EDにはいろいろな種類の原因がある!

EDは加齢によるものではなく、生活習慣病やストレス、食事、運動不足などによって引き起こされます。EDを克服するためには原因を知る必要があります。ここではEDの原因について紹介しています。

*

糖尿病とEDの関係

   

糖尿病が原因でEDになることがある

年齢と共に男性機能の低下が気になり、自信を失う方も少なくありません。EDと呼ばれる症状は、思っている以上に男性として精神的ダメージが大きいものです。

勃起は興奮状態になれば男性器に血液が集まり、海綿体と呼ばれるスポンジ状に入り組んだ毛細血管に血液が充満して膨れる事で起こります。脳にある血管の様に非常に細かいので、何らかの原因があれば血流が滞り、勃起障害となる事があります。

もちろん、持病があり勃起に至らない方もいますが急激に衰える様な事があれば、病気が関係している可能性もあります。

血流が十分であれば勃起する条件として、満たされますが血管が柔軟である事も大切です。つまり、動脈硬化が起こると勃起障害となり十分な機能を果たせないと言えます。その原因の一つとして糖尿病が関係します。

糖尿病でEDになる理由

糖尿病では、血糖値が高くなるばかりが体の至る部分の機能低下を招きます。最悪の場合は、腎臓不全や心筋梗塞などの引き金となり命を奪う恐ろしい病気です。

この病気は、血液をドロドロにし血管を詰まらせたりして血流を悪くし動脈硬化を招きます。つまり、EDになる原因の1つになるのです。男性機能の向上は自分の健康状態を知るためのバロメーターと言っても良い程で、決して甘く見てはいけません。

年内と共に体力が落ちて、運動不足になると筋肉量も低下します。しかし、食べ物は若い頃と変わらずアルコールを飲みタバコを吸うと、益々体の機能が低下してしまうのです。

糖尿病にならない為にも、食生活と運動習慣には十分に気をつけるだけでも、大きく結果が変わるのは確かです。生活習慣が元で勃起障害となる事もありますが、若いうちからそうなる場合もあります。持病があれば、勃起ししくい体質となり男性器に血液が集まる何支障となるケースもあります。

いずれにしても、自分の体を大切にして考える事で原因を取り除き健康に生活するのが一番良い事です。男性機能低下を防止するには規則正しい生活からで、糖尿病の予防にも役立ちます。